読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

last-cinema

最後の映写機をまわす。ただ生きた、それだけの記録のために。

40年

いつものように寝坊の日曜。 暗い部屋の中で時をやり過ごす。 心臓が、締め付けられる。 その痛みに毎日苦しみつつ。 夕刻、仕方なく仕事へ。 職場で、 流れてきたラジオは最終回。 千秋楽と名づけられたそれは、 50年の歴史があった。 しかも、40年は、 同…

耳に

帰らざる日のために いずみたく

社会

社会の構造が、 個人の自由を妨げる。、、、 居酒屋Yで、ビール 72時間を見ながら

永さん

昨日のクローズアップ現代は、 永六輔さんの追悼番組。その訃報を聞いてから、 何か言葉を発したくて、 それでも何も出てこなくて、 時間だけが過ぎていた。それくらい、 揺さぶられる訃報だった。永さんは、 受け止めて、 発信する人だった。電波の届く先へ…

オールスターゲーム そこで、殿堂入り選手の表彰があった。ジャイアンツの斎藤雅樹、 西武などて活躍した工藤公康、 そして毎日などで活躍した榎本喜八。榎本さんはすでに亡くなっており、 息子さんが代わりに登場した。 その挨拶が、よかった。ただ、中継の…

過去

懐かしい音楽を聴くのは、もうやめよう。 懐かしい本を読むのも、もうやめよう。失った物は、永遠に失われたまま。もっと大きな物が、失われようとしている今。

ZABADAK

ZABADAKの、 吉良知彦さんが、 急逝していたことを知る。昔、熱心に聴いた名曲。 初期の、上野洋子さんの時代。追悼の意を込め、繰り返し聴く。 足は自然に、懐かしい街の中へ。昔住んだあの街。景色はすっかり変わっていた。街と曲のズレ。そして、気づいた…

吐き気

突然の吐き気。Windows3.1さえ、 まだなかった頃、 MS -DOSの頃から パソコンを使っていた自分が、 ITの戦略会議で、 そのIT加減に吐き気が、、これまで、 そんなことはなかった。何かが変わってしまった。そこに何があるのか。アルゴリズム という言葉を遠…

意志

言葉が出てこないと、 最初に悩んだのはいつだったか。 その頃は、 思うように書けない、 ということだった。それが最近は、 口から言葉が出てこない。 むしろ書けば書ける。 すらすらと。 かつてのような物ではなく、 安っぽく乱暴な言葉だけど。 それでも…

廃人のまま

もう一年も過ぎたのかと 鏡に映る自分を見ている

廃人

友人からメール。お元気ですか こちらは廃人のように 生きていますそれだけの文面。 廃人とは何か。 何もしない人。 あるいは、 やめたいのに やめられない 日常を壊す行為を 日々繰り返してしまうこと。それなら、 自分も、 廃人だと、 帰り道に思う。

いつもの日常が続く。 朝3時起き。 夜遅くまで仕事。 駅前のバス待ち10分が 絶えられないくらい 帰りはボロボロで。髪を切りたい。 首を伸ばしたい。 そして、 首を、 切りたい。一人でいると泣きたくなるのか 泣きたくなるから一人でいるのか。どっちでもい…

悲鳴

木曜の朝3時に起きて、 出社して仕事、 仕事、 仕事、 徹夜、 明方から仕事、 仕事、 帰り際に呼び出し、 戻って仕事、 日付は土曜、 日曜の準備をして、 ようやく退社、 悲鳴は、 辛いからではなく、 見失っているから、 目をつぶっている日々

地震

早朝3時に起床。 4時に出社。 仕事をしていると地震。 小さな揺れ。 それが少し長く。 嫌な予感がした。 あの日と同じだ。 直後に大きな揺れ。 突き上げるような揺れだった。慌ただしく仕事を進めて、 そして、時が過ぎた。以前と違う自分に気づいた。 起き…

めずらしく

職場の人に誘われて飲む苦しんでいるのだと自分に気を使ってくれているそんな優しさに触れるありがたい気持ちと申し訳ない気持ちと別れてからひとりで飲みたした申し訳ない気持ちで

いつものように

朝3時に起きて 4時に出社するいつものように帰り着いたのは 22時30分でやめたいお酒を また飲んでいる明日も3時には 起きなければと時々、不安定に突然、呻いたり結局そんな毎日何かを見失ってもうどれくらい遠く離れたのか

依存性

「現代思想」2012年11月号再読。統合失調症の治療に、 アルコール依存の治療の経験。それを、 酒を飲みながら読む自分。その、目をそらせない現実。

ホームにて

駅のホームで突然 声をかけられて気がついた 気絶していたことに目指していたところから 遠く離れて立つ自分声をかけたのは 20年前の同級生 手をつなぐ小さな子 その視線に耐えられないそんな目で見られたら失われた20年を思った 気絶していた日々 誰が悪い…

last-cinema

最後の映写機をまわす。 ただ、生きた。 それだけの、記録のために。