last-cinema

最後の映写機をまわす。ただ生きた、それだけの記録のために。


いつもの日常が続く。
朝3時起き。
夜遅くまで仕事。
駅前のバス待ち10分が
絶えられないくらい
帰りはボロボロで。

髪を切りたい。
首を伸ばしたい。
そして、
首を、
切りたい。

一人でいると泣きたくなるのか
泣きたくなるから一人でいるのか。

どっちでもいい。

結局、一人を選ぶのだから。